MR.waffleのこだわり

MR.waffleのこだわり

 

冬の寒い日にベルギー ・リェージュの美しい中世的な街角で見かけた焼き立てのワッフルをほおばる少年とそれをひと口分けてもらった彼のおばあちゃん。本当においしそうにバターの香りたっぷりのワッフルを食べる二人の笑顔。どれほどのものかと僕もそのワッフルを食べてみた瞬間、あまりのおいしさに頬がゆるみ、こんなスイーツが世の中にはあったのかと感動したあの日。

あまりのおいしさに頬がゆるみ、感動したあのワッフルが忘れられず、数年後に勤めていた会社を辞め、単身ベルギーに渡った。 安宿に寝泊りし、ワッフル屋を見つけては食べ、見つけては食べる毎日。
靴の底に穴が開くほど石畳の街で食べ歩き、3ヶ月で500個のワッフルを食べた自分についたあだ名は「ミスターワッフル」。そこで出合った最も風味豊かなワッフルのお店でその手法をしっかりと学ばせていもらい、帰国後日本の新鮮な素材を生かせるようアレンジした絶妙なバランスのレシピこそが、ミスターワッフルのオリジナルなのです。

「ミスターワッフルは帰り道にある気軽なスイーツでありたい」。仕事の帰り道に、ふとミスターワッフルの香りをかいで、家族の顔を思い出して買って帰ってあげてもらいたい。いっぱい働いた自分へのご褒美に、ポケットの小銭で買って帰ってもらいたい。人は甘いものを食べたときには、自然と笑顔になります。一人でも多くの人を笑顔にしたいという、そんな想いでミスターワッフルのスタッフは今日も一枚一枚、真心をこめて丁寧にワッフルを焼き続けています。

北海道の牛乳を使用したり、その生乳から作った新鮮なバターを使用したり、こだわりのパールシュガーで程よい甘さを絶妙に調整したり、もちろん隠し味が隠れていたりと、原材料にもしっかりこだわり抜いています。ミスターワッフルでは、マーガリンやショートニングは一切使用せず、北海道産をメインに厳選したバターのみを使用しています。
安心してお召し上がりいただけるよう、保存料や安定剤を含まない、自然な材料を出来るだけ選び抜いて使用しています。そんなミスターワッフルの繊細な味は、本場ベルギーでも高い評価を受けています。

僕がベルギーで食べた時の感動を味わっていただきたくて、ミスターワッフルでは、焼き立てをお渡しすることにこだわっております。その際、どうしてもお客様にはお待ちいただく形になってしまい、本当にご迷惑をおかけしております。誠に申し訳ございません。なるべくお待たせしないように、一生懸命焼いておりますが、何卒ご理解をいただけますようお願い申し上げます。お持ち帰りのお客様には、焼き立てのワッフルはくっつきやすく、箱や袋に入れますと独特の食感が損なわれてしまう可能性がある為、粗熱の取れたものをお渡ししています。