〝たったひとつのワッフルで笑顔をつくりだす〟
いろんな笑顔があります。
大好きな彼に会ったときの笑顔。
お気に入りの服を見つけたときの笑顔。
気の合う仲間や家族と思いっきり笑ったときの笑顔。
そして、甘いものを食べたときの「笑顔」。

人は甘いものを食べたとき、自然と笑顔になります。

私たちはそんな光景を、
世の中のたくさんの家族に届けていきたいと真剣に考えています。
「帰り道で気軽に買えるスイーツでありたい」
「ひとりでも多くの人を笑顔にしたい」という想いで、
今日も一枚一枚、真心を込めて丁寧に、
世界で一番おいしいワッフルを焼き続けていきます。
1996年ミスターワッフルがベルギーで学んだ本場の味!
幼い頃から人の笑顔が好きで、
周りを笑わせることばかり考えてきた自分を最高に幸せな気分にさせてくれた笑顔、
それは学生時代に訪れたベルギーで見かけた焼きたてのワッフルをほおばる少年と、
それをひと口分けてもらった彼のおばあちゃんのものでした。

冬の寒い日にベルギー・リェージュの美しい中世的な街角で、
卵とバターの香りがふわっと広がる焼き立てのワッフルを食べるうれしそうな二人の笑顔を、
今でもはっきりと思い出すことができます。
クオリティの高いチョコレートで知られるベルギー。
そのベルギー人がチョコレートと並んで愛してやまないスイーツ。
それがベルギーワッフルです。

ベルギーワッフルには2種類あって、ひとつは香り控えめでフワフワした長方形のブッリュッセルワッフル、
もうひとつは甘い香りが特徴的で食べ応えのある円形のリェージュシュガーワッフル。
リェージュシュガーワッフルは焼き立てをペーパーに包んで手渡してくれることがほとんどです。
少年とおばあちゃんが食べていたのは、このリェージュシュガーワッフルでした。
どれほどのものかと二人に続いて僕もそのワッフルを食べてみた瞬間、
あまりの美味しさに頬がゆるみ、こんなスイーツが世の中にはあったのかと目から鱗が落ちる思いでした。
その味を日本に届けようと、勤めていた会社を辞め、単身ベルギーに渡ったのが1996年。
ユースホステルに寝泊まりし、ワッフル屋を見つけては食べ、見つけては食べる毎日。
靴の底に穴があくまで石畳の街で食べ歩き、
3ヶ月で500個のワッフルを食べた自分についたあだ名は「ミスターワッフル」。
そこで出合った最も風味豊かなワッフルのお店でその手法をしっかりと学ばせてもらい、
帰国後日本の新鮮な素材を生かせるようアレンジした絶妙なバランスのレシピこそが、
ミスターワッフルのオリジナルなのです。

一人でも多くの人を笑顔にしたい、私たちはその一心で
今日も店頭で一枚一枚、真心をこめて丁寧にワッフルを焼き続けています。
mrwaffle
mrwaffle
mrwaffle
帰り道にあるということ
帰り道にある気軽に買えるスイーツとして、
ミスターワッフルは駅ナカやターミナルに出店しています。

仕事の帰り道に、ふと焼き立てワッフルの香りで
家族の笑顔を思い出して買って帰ってあげてもらいたい。
いっぱい働いた自分へのご褒美にポケットの小銭で、
アツアツの焼き立てをほおばって帰ってもらいたい。

皆さまに笑顔をたくさん届けられることが、私たちのやりがいです。

日本中にもっといっぱいの笑顔があふれますように♪
mrwaffle
mrwaffle