SMILES OF WAFFLE 私たちの周りの「えがエピ」ほっこり笑顔エピソード SMILES OF WAFFLE 私たちの周りの「えがエピ」ほっこり笑顔エピソード
私たちの周りは、
たくさんの笑顔であふれています。
こんなにたくさんの笑顔があるから、
みんなで前に進むことができています。
SMILES OF WAFFLE 私たちの周りの「えがエピ」ほっこり笑顔エピソード

いつもプレーンを2つお召しあがりでご注文される

5さいの男の子とママさんがいらっしゃいます。ある日プレーンを6つお持ち帰りにされました。ママさんが「今日この子の誕生日なんです」と満面の笑顔で。バースデーシールを貼ってお渡ししたら「ありがとうー」と喜んでくださいました。「ワッフルもケーキもあって今日はたくさんだね」と声をかけると「違うよねー♪」とおふたり。男の子が「ケーキじゃなくてワッフルがいいんだよ!」と言ってくれました。ワッフルがバースデーケーキの代わりになっている。たったひとつのワッフルで笑顔をつくれていること、ミスターワッフルが地域やご家庭に根付いていることを実感できて、あたたかい気持ちにさせてもらったステキな一日でした。

「下にスタッフが入るなんて考えられません!

ずっと下がいいです~」って言っていた入社2年目の社員ちゃん。今年の面談では「〇〇ちゃんはこういう所があって頼りになります/こうやってフォローしたいと思います/こういう言い方できちんと伝えます」などスタッフひとりひとりの特徴を理解して、自分がどうすればよいのかを考えて行動してくれていてビックリ(^o^)「あら?しっかりしてきたネ!」と言うと「温かいまなざしで見ることができるようになって自分でもビックリしてますニコ」と、とてもステキなやわらかい表情をみせてくれました。ちょっぴり大人になってる彼女をみて、育成の面白味を再確認できました!

緊急事態宣言の期間が終わり営業再開した日。

「待っていたのよー♪」「閉まってて寂しかったわよー♪」と声をかけて下さり、お客さまと久しぶりにお話しできた時のたくさんの笑顔が忘れられません。ちゃんとミスターワッフルがお客さまとスタッフの日常の一部になれていたんだなと実感できた瞬間でした。

お客さまと会話が弾んで笑顔。

スタッフの友達が立ち寄ってくれて笑顔。スタッフ自身がお休みの日に買い来てくれて店内がホッコリして笑顔。施設の営業部さんがワッフルを買ってくれて「おいしいから、休憩中に食べます♪」と言ってくれて笑顔。ワッフルを通して、みんながここに来てくれる、会いに来てくれる。嬉しくてずっとパワー全開で頑張れます♪

親子でご来店されて、お母さんが子供に「何ていうの?」

と声かけて一生懸命「ぷれーんわっふるいちまいください!」と言ってくれる親子。大きい声でがんばって伝えてくれる姿と笑顔を見て、私も大きい声で「ぷれーんわっふるね!すぐたべる?」と聞き返します。子供と接するのって心が優しくなれるし、店内にもその子の大きな声が響いたりして、笑顔につつまれて、和やかな空気が流れていつもあったかい気持ちになっています。

外国の方がご来店。

ワッフルの説明を聞きながら、5分ほど悩んだ末に2つ購入されたんですが、お持ち帰りかすぐ食べるかを聞くと「to go!」と。でも、外国の方はすぐに食べる方も多いので、5分以内で食べますか?と聞くと「Yes!」というお返事。だから温めてお渡したところ、メチャクチャ素敵な笑顔でサムズアップGood job!をいただきました!そして、早速モグモグと食べながらお店を後に(笑)。

3才位の子供連れの親子がイートインで召し上がっている時に、

寒い日だったのでお子さま側にストーブを向けてさしあげるとお母さんが「ありがとう」と言って笑ってくださったのがとっても印象的でした。そして、帰り際に「居心地のいいお店でした!」とも。本当に嬉しかったです!

新型コロナで世の中が自粛ムードで外出する人

も営業するお店もほとんどいないなかでの営業中、おばあさまが手押車でご来店し「公園で食べるの」「明日も来るわね」と満面の笑みで購入してくださりました。外出のリスク面でみると自粛してほしいし、あぶないよとも思うのですが、なにも楽しみがなくなった中お外で召し上がることでの楽しいひと時を作れたのかなと思うと、これはこれで良かったのかもなんて思った一日でした。

一人で並んでいる小学1年生くらいの女の子。

5点買ってくれて一人で持って帰れるのかな~と目で追っていると、見守っていたお母さんのところに行って「出来たよ!」と笑顔で帰っていきました。もちろんその片手にはミスターワッフルのボックスが!

上大岡店がオープンして

「横浜店に行っていました!」「新杉田店に!」と。「でも近くにできたのでとても嬉しい!」とのお声をたくさんいただきます。今までみんながちゃんとしたワッフルをちゃんとした接客でたくさんのファンをつくってきてくれたことに嬉しく感じ、この素敵なサイクルを続けていこう!と思っています。

アルバイト面接をしている中で

「お母さんが仕事帰りにワッフルを買ってきてくれた時に、ちょうど私も学校帰りにワッフルを買って帰っていて、ワッフルかぶりで2人でビックリしたけど、すぐに全部食べちゃったんです」というエピソードを聞かせてくれました。ミスターワッフルをすっごい好きでいてくれているんだなぁと嬉しくなりました。

キャンパスに入って一番嬉しかったこと。

アルバイトリーダーに「店長と仕事していると、マネジメントに興味が出てくるんです。もっといろいろ教えてほしいです」と言われました。今までやってきたことが正しかったと再確認できて、もっともっとこの子たちと一緒に成長していきたいと強く感じることができたひと言でした。

こんなおハガキが届きました。

『そちらでアルバイトをしている者の母です。先日娘の働く姿が見たくて寄らせて頂きました。大袈裟ですがそこには普段の娘とは全然違うテキパキと素早く動く姿があり、大変驚いてしばらく陰から見入ってしまったほどです。働くと聞いた時は、夏は暑く冬は寒そうな環境で大丈夫かしら?と心配でしたが、何より店長をはじめスタッフの皆さんがとても良い方ばかりで〝すごく楽しい〟と話していて良いバイト先を選んだなと安心しておりました。あまり外出しないタイプの娘にとってこちらでのお仕事は良い経験になり楽しみになっていると思います。至らない点も多々ありますが、娘を温かく見守ってくださり、本当にありがとうございます。』この仕事をやっていてよかったなぁと強く実感します。

休業期間が明けて間もない頃、

レジに入っていると「あ、やってるー!」と大きな声。目を向けると、猛ダッシュで走ってきてくれる親子が。「息子がずっと食べたがってたんですよー!」とお母さま。その横には笑顔でショーケースを見ているお子さま。「おまたせしました!」「待っててくださりありがとうございます!」と嬉しい気持ちで胸がいっぱいになりました。

ある日、すこし不機嫌なお兄さんが

お召し上がりでひとつご購入。数分後、とっても笑顔で戻ってきて「めっちゃおいしいですね!」とひと言。さらに「こんなおいしいワッフル初めてです!」と家族へのお土産をご購入いただきました。来店した時とは本当に別人のような笑顔で。まさに〝たったひとつのワッフルで笑顔をつくりだせた〟ひとコマでした。

いつも同じ席でコーヒーを召し上がるお客さま。

冬本番が近づくにつれて風が冷たくなり、風の当たらない席をすすめてみたところ「私はあの席でコーヒーを飲むのが好きなのよね~」とおっしゃっていたのですが「でも、風が当たらないって考え方もあるのね」と次の日からはそちらの席がいつもの席になっていました。なんだかお客さまの〝日常〟に貢献できたような気がしました。

社員食堂でワッフルを販売した時のこと。

「ここで買えると嬉しいのよね~♪」とアパレル店の方たちが「どれが人気ですか…?」と聞いてきてくれたり、営業部の方が「部内でも宣伝します!おいしいんで!」と買っていってくれたり。同じ施設で働いている人たちが〝MR.waffle〟を認知してくれていて、共に頑張っている人たちが笑顔になっていくのを見ると、ほんとうにこの仕事にやりがいを感じます。

初アルバイトをする高校3年生の新人スタッフ。

オリエンテーションからトレーニングまですべて自分に任せてもらったスタッフでした。早めにひとり立ちさせたこともあり、忙しさが苦になっていないか気になったので「働くのどう?」と声をかけました。そうしたら即答で「たのしいです!」と清々しく答えてくれたのです。あまりにも即答だったので、うれしさでつい笑みがこぼれてしまいました。

遠いところに住む母親と電話していると平井さんの話になり、

私が「こうこうこうで、やっぱあの人やばいわ!」と言うと、母が「あ、あの本(スタイルブック)の人ね♪」とまるで作家さんかのように返してきました。つい笑っちゃって「お母さん、平井さんは本を書く人じゃなくて、うちの会社の代表だよ、笑」と優しくつっこんでおきました。ちょいちょいスタイルブックを読んでくれているみたいです、笑。

あるお昼どきに、アルバイトの卒業生

がふらっと寄ってくれました。「元気?仕事がんばってる?」と聞くと「はい、元気です!でもちょっと午前中仕事で失敗しちゃって…。だから元気をもらおうとお昼休みに寄ったんです!店長の顔見たら元気出たんで、ワッフル食べて午後もがんばります!」と。いやいや、わたしこそ元気をもらいましたよ♡

コロナ休業明けからの営業。

たくさんお客さまが待っていてくださいました。「待っていたよ。大変だけど頑張ってね」「またたくさんワッフル買いにくるね」という声だけでなく、他の店舗にもおハガキでたくさんのご声援。自店舗だけではなく、どの店舗でもたくさんのご声援をいただいていて、あらためてミスターワッフル全員で「たったひとつのワッフルで笑顔をつくりだす」ことができているんだなぁと強く感じることができました。

緊急事態宣言休業中にお店のシャッター

に貼ってあった「またみなさまの笑顔に会うために。」のポスター。なんと!そこにお客さまからのメッセージが…。SNSにも拡散されていたりしたようですが、休業中にお店が心配になって立ち寄った時に実際にそれを見て、すごくすごくすごくすごく感動しました♪待っていてくれている方たちがいるという実感。再開したら休業した分もしっかり笑顔をお届けしていこうと心に誓いました。

本部にお手伝いに来てくれるアルバイトスタッフに

「○○君は○○店の初期メンバーだけど、もうすぐ卒業だね~」と話しかけたところ「僕いろんなことをしたくなるタイプなんですよ。でもミスターワッフルをここまで続けられたのは西原店長だったからなんです」と言っているのを聞いて、信頼関係を築けているんだな~と感じたのと同時に、うちで働く子たちはみんな感謝ができるなんて良い子なんだ!と改めて嬉しく思いました。

「先日は返信どうもありがとう!」

とサービスハガキを手に持ってレジに来るなり声をかけてくださったご年配の男性のお客さまがいました。「あんたの接客が良かったから、ハガキを書いて出したんやで!」と言われてびっくり。手に持っているハガキがパッと目に入り「ありがとうございます!そのハガキも私が書いたんですよー!」と返すと「そうやろと思ったわ!においでわかったんやでー」と、笑。「また買いにくるでー」と笑いながら颯爽と去っていってあの方を、私は一生忘れないと思います。

ご友人と来店のお客さま。

お味をとても悩んでいたご様子で「あの~、半分に切ってもらえますか?」と。もちろんですと2種類を半分ずつにシェアして差し上げたら、最高の笑顔でした。ワッフルを半分ずつ、幸せも半分ずつ、とっても幸せそうで、私も幸せをいただきました!

〝クランベリーショコラ〟を〝グランベリーパーク〟

と言い間違えてオーダーされた女性のお客さま。思わずスタッフが笑ってしまい、失礼だ(汗)と思ったのも束の間、お客さまも一緒に笑っていてひと安心。こんな笑顔の共有も素敵だなー、なんてっ♡

「このまえMちゃん(スタッフ)とごはん食べに行ってきたんです」

と嬉しそうに私に話してくれるAちゃん(スタッフ)。「Mちゃんは〇〇さん(私)みたいになりたいと言っていました」と教えてくれて、今までやってきたことは間違いじゃなかったんだと自信につながったと共に、素直に嬉しくなって自然と笑顔になっている自分がいました。

社員の面接をしている中で感じることですが、

キャンパスに入りたいと興味をもってくださる方がみんな共通して「お店でワッフルを買ったときの接客にとても感動した」「こういう人に自分もなりたいと思って」と話してくれる人がとても多いです。それくらいみんなが日々ミスターワッフルスタンダードを徹底しているからキチンと想いが伝わっているんだなーと、とても嬉しい気持ちになります。みんな本当にありがとうね!

「Thank you」シールを貼ってワッフルをお渡し。

すると、返却されたトレーの上にそのシールに「可愛いシールありがとうございました!ゆずはちみつ初めて食べました。美味しかったです」とお礼のメッセージが書かれていました。その日のシフトにちょうどそのシールを書いた本人がいたので二人して大喜び。そのお礼シールを大切に自分の定期入れケースに貼っているそうです。見るたび笑顔になれるそう。私も嬉しくなります。

お店の前をぐるぐる迷っていたおばあさま。

郵便局に、100均に、といろんなところに用事があったけど迷ってしまったそう。ご案内して差し上げてからしばらくすると、ちょっと休憩にとワッフルを召し上がっていただけました。しかも気に入っていただいて、お土産用にかなりたくさんご購入いただきました。「親切にしていただいたから、今日は100均やめてワッフルにしちゃうわ〜」と♪ 今はもう常連さんです ♡

偶然、私が書いたおハガキを持ってきてくれたお客さま。

「おハガキお持ち頂きありがとうございますー!このお返事私が書かせていただいたんです」と伝えるとすごく喜んでくださいました。そして「こうやって話せたからアンケートハガキ書いてよかったわ」と言ってくださったんです。私こそ〝ミスターワッフルで働いていてよかった〟と心から思いました!

與儀さん。

いつも笑顔でお客さまに寄り添う接客をしていて私も見習わなきゃなと刺激を受けていました。ある日「彼が今積極的にお客さまにお声かけしているのは、私から学んだんだって言っていたよ♪」と教えてもらい、あの頃お互い高め合いながらお仕事ができていたんだなぁととても嬉しく思いました。これからもたくさん学ばせていただきます。キリッ

コロナ禍で正直とても辛い時期が続きましたが、

平井さんが何度も何度も私たちの向かっている道やお客さまからのお褒めの言葉を共有してくださっていたおかげで、みんなも頑張っているから、私ももっと頑張ろうと思うことができていました。ありがとうございました!

毎回チョコチップ2個

をなかよく買っていく兄弟がいます。でも2人とも人見知りなのか、接客中はあまり笑顔が見られないのです。でもいつもワッフルを手渡した瞬間にパッと笑顔に変わる光景がもう忘れられません。

新店舗にて「いつできたのですか!?」

と興奮気味に聞かれ(笑)お応えすると、その方が「自分の駅にミスターワッフル。奇跡だ…」と呟いてくれました。オープンを喜んでくれるお客さまを何人も見てきましたが〝奇跡〟と言われたのは初めてだったので、私たちの MR.waffleを奇跡と思ってくれる人もいるんだ。これは本当に素敵なシチュエーションだなーとすごくすごく嬉しかったです。

見ると私が書いたおハガキを持ってきてくれたお客さま。

返信が手書きだったことをすごく喜んでくださったので、嬉しくなって実はそれ私が書きました、とポロっと言ってしまったのですが、とても盛り上がりました(笑)。後日またその方からまたおハガキが届き「返信をくれた本人と会うことができました」と嬉しいことがたくさん書いてあり、私たちのやってるハンドメイドワークスって最高♡と思いました!

強風だったある日、

ご注文のワッフルを包んでいるときに、千円札が店内に。「すみません。飛んでしまいました!」とおっしゃったので「大丈夫ですよ。今日はとても風が強いですね」と会話しながらお会計を済ましたあと、ポイントカードやレシートを渡そうとした瞬間、再び強風で、それが店内に飛んでしまい、お客さまと口を開けながらポカーンとしてしまいました。お客さまが「何度もごめんなさい。笑」との独特な笑い方に私もつられて笑ってしまい、店員とお客さまという関係を忘れて一緒に、大笑い。声も出せないくらいおなかを抱えて笑いながら「またきてくださいね」と言うと「また来ます!」と言ってくださり、この仕事をしていてよかった!と思えた瞬間でした。

週に一度、幼稚園の帰りにお母様と寄ってくれる女の子と男の子。

今では自分で注文して、パスモでピッ!とお会計までできるようになりました。よくできました。えらいね。一人で買えたね。などの貼ってあげるシールを見て「今日のはなんだった?ぼくはこれだよ。」と見せ合っていつも嬉しそうな笑顔。こちらも笑顔になります。

夏ごろからお散歩の途中に寄ってくださるようになったおじいさま。

その日は奥さまと一緒にご来店されました。奥さまにお声かけすると恥ずかしそうにお話ししてくださいました。それからは必ずお二人でご来店されています。仲良くワッフルを選んでいる姿、恥ずかしそうにしながらもひと言ふた言お話ししてくれる奥さま。ほんわかするおふたりの笑顔に癒されています。

いつも幼稚園帰りに立ち寄ってくれる親子のお客さま。

最近では幼稚園に行く途中にもよくお会いするようになりました!朝「おはようございます!行ってらっしゃい!」「行ってきますー」と笑顔でご挨拶。夕方「お帰りなさい。いらっしゃいませ!」「ただいまです!」とお帰りにもお会いする機会が増えました。駅ナカという立地ならではのつながり♪ これからも大切にしていきたいです。

ポイントカードの説明をした小学生くらいの男の子。

「そっか、2つ買ったら1個ポイントが付くんだね!じゃあ、ママにもお土産で買えば、必ず1個ポイントが付くんだ!作ってください!」と。なんて優しい子だろうと笑顔になりました!!

10周年のコメントを書いてくれていた

2〜3人の男の子たち。塾帰りに購入してくれてるようで「毎週こよう!」と書いてくれました。一人の子が「いや、毎週くるぞ!にしようよ」と言い出し、みんなも「そうだそうだ」と盛り上がり「毎週くるぞ!」とわざわざ裏に書き直していきました。なんと有言実行!本当に毎週きてくれています!!みんなの笑顔と元気な姿にパワーをもらっています!

ある焼きスタッフが出勤日ではないとき時に、

低血糖で道端に倒れてしまって知らない人に助けてもらったことがあったらしいんですけど、その方がたまたま偶然にもミスターワッフルでご購入されたワッフルを食べなさいと差し出してくださったそう。それで血糖値が上がり助けられたことに感動して(その時の状況では御礼が言えなかったそう)「焼きだけではなく接客もできるようになりたいです。そうすればいつかあの方がご来店くださって、御礼が言えるかもしれないから!」と人見知りだった子が、売り焼き両方できるまでになりました。

20代の女性がご来店され

「このポイントカード使いたいんですが使えますか?」と手にはNo.3〜11の9枚の全てポイントが溜まったカード。21点のワッフルをプレゼントでご用意し「たくさん貯めてくださったのですね」と伝えると「私のではなく全て父のなんです。今年はコロナで横浜にこれないから、私が代わりに来ました」と丁寧に説明してくださいました。家族全員が大好きなワッフルをたくさんまとめ買いして、ポイントもずっと貯めていただいていたそうです。お父さまの喜ぶ顔を想像すると、私も自然と笑顔になって娘さんにワッフルを手渡していました。娘さんも笑顔で!次は直接お父さまにも!

今年で子供が3才と1才になり、

二人ともワッフルが食べられる年齢になりました。初めて下の子にワッフルをあげたら、上の子よりもまさか先に食べ終わり、ニコニコして「うまっ、うまっ」と連呼してました。それからはお兄ちゃんと一口食べては「カンパイッ!」とワッフルで乾杯をし、二人で完食しています。私たちの家庭だけでなく、お客さまのご家庭のなかで、家族の成長のなかに、ミスターワッフルのワッフルが共にあって欲しい、笑顔になってほしい。いつもそう感じながら、お家でワッフル食べています、笑。

コロナ禍のまっただ中、

上大岡店が無事オープンしました。備品を揃えることができるのか、準備は間に合うのか、オープン日にオープンできるのか、いつもとは違う緊張感でしたが色々な方の協力があり、無事にオープン日を迎えられてホッとしました。オープン当日の朝、並んでいるお客さまの期待感や召し上がっている時の笑顔、それを見ている施設の方やナカノフードさん、お店を作ってくださった方々のホッとしたほっこり笑顔も見ることができて、本当に良かったと思いました。

「私にしかできないことをしたい!」

「私にしかできないお客さま目線を考えたもてなし」とはなんだろう。それは育児休暇をいただいて復帰した今〝子供連れのママ〟への目線だと思い、育児中に心からホッとできる時間をカフェスペースで安心いただけるようにアルコールで念入りに隅々まで綺麗にすることはもちろん、たまに自分の話を交えてママのお話を聞いてみたり。子供が飽きてくるとママはゆっくり食べられないので、紙コップとペンを使って遊べる小道具を作って差し上げたり。ミスターワッフルでこそできるおもてなしをスタッフと一緒に広げていきたいという強い想いがあります。

『クリスマスツリーを完成させよう!』

というプロジェクト。コロナ禍でどうやったら感染拡大させずに実現できるのかをみんなで考えました。日に日に増えていく手作りの装飾に対して見物のお客さまが増えたり、ワッフルを食べながらたくさんの思いが加わった壁一面のクリスマスツリーが完成した日は、ほんのひとときだけ心を温かくしてくれるクリスマスの奇跡が起きたのではないかなと思いました。装飾終了後なのに「また飾りたくて来たよ!」と声をかけてくれるお客さまもいらっしゃるほどでした。

「焼きりんごあったぁ〜!」

とおっしゃったあるお客さま。以前いらしたときに家族で食べて息子さんが〝またあの焼きりんごワッフルが食べたいー〟とずっと言っているのでわざわざ練馬のご自宅から府中までいらっしゃったとのこと。近隣の池袋店や新宿店への行き方をご案内すると「いろいろ教えてくれてありがとう!また府中に買いに来るね!」と笑顔でワッフルを受け取ってくださりました。私がいるこのお店にまた来たくなっていただけたのかな?と、すごく嬉しくなりました!

高校3年生の時から働いてくれているスタッフ

が、今では大学4年生になり、アルバイトリーダーに。もうすぐ卒業で「あの時は高校生だったのにね~」と笑顔で昔を懐かしむ。4年以上もミスターワッフルで働いてくれて感謝でいっぱいだし、何より成長する姿が見れてとても感慨深い。卒業する時も笑顔で見送ってあげたいと思っています。他にも、ミスターワッフルを卒業してもお店に顔を出してくれたり、飲みに誘ってくれるスタッフが沢山いて、嬉しくて笑顔になります。そして今年も卒業があり新しいスタッフの入社があり。このポジティブな連鎖が続いていくような環境作り、笑顔あふれるお店作りをしていきたいと思います。

仲良くしてくれる〝お掃除のおばさん〟

がいつも声をかけてくれます。会って言ってくれるのが「お宅のスタッフは必ずあいさつをしてくれるわよね!おはよう~とかありがとうございま~す!とか。いつも元気をもらっているんだよ!」私の見えない所でもスタッフの子たちがちゃんとしたことをやってくれているんだ☆ってとても鼻が高くなっちゃうのです(笑)。あいさつって大事だな~と、つくづく思います。改めて私たちはワッフルを売っているだけではないんだなと実感することができて心が温かくなります。

春に入社したアルバイトスタッフ

の最初のトレーニングからフォローアップの接客トレーニングまでを、ある先輩スタッフにお願いして、育ててもらっていました。3ヶ月くらい経った頃かな?ふたりがレジと包みのペアで接客していた時に、お客さまから「あなたたちとっても良いコンビねえ」とお褒めをいただいていました。その時に照れながら「ありがとうございます!」と言っていたふたりの笑顔がとても嬉しかったです。

サービスハガキを大事そうに持って、

年配のご夫婦が来店。「私の家の近くにね、ミスターワッフルさんができたんだよ!このハガキは、その近くのお店でも使えるのかね?もう年だからこっちにはなかなか来れないけれど、家の近くのお店には行くよ。今までありがとうね、がんばってね!」と、とても幸せそうな笑顔で話をしてくれました。自分の家の近くのにお店ができて喜んでくれたこと、丁寧にごあいさつに来てくれたこと、今でもそのご夫婦の笑顔がしっかりと残っています。

〝たったひとつのワッフルで笑顔をつくりだす〟

ために、そもそも自分たちが笑顔じゃないと意味がないと思っていて、今なぜ自分が笑顔でいられるのかを考えてみた時に、やっぱり周りに心強い仲間がいたり、支えてくれたり。自分が迷路に迷い込んでしまった時には、そこから救い上げてくれる仲間がいるから、どんなに辛くてもしんどくても最後には笑顔になれるんだなぁと思います。だからこそ、自分たちはお客さまに目を向けて、できることは何かを考え、実行していくことができてるんだと思っています。それはキャンパスカンパニーにいるからこそだと思うので、本当にこの環境に感謝しています。そしてこれからも自分にできることを考えてお客さまや一緒にお仕事をする仲間のために努力をしていきたいです!

来店されると「ナンバー1」と言って注文されるお客さま。

異動したての時は、そんな注文方法なので外国の方かな?と少し慌ててしまったのですが、あとで他のスタッフが「あの方はいつもプレーンをお召し上がりでご購入いただくんですよ~。レシートはレジ前のボックスにこちらで入れてあげるんです。」と教えてくれました。次回からは「いつもありがとうございます!」と応対すると「分かってるねえ~!」と嬉しそうに言ってくださり「今日は寒いね」や「プレーンは家帰るまでの空腹にピッタリなんだよ~」とお話をしてくださるように。新人スタッフにも〝この方法〟のことを教えて接客すると「いつもありがとう~!!」といつも笑顔がステキなお客さまがさらにニッコニコの笑顔に♪

早朝から営業していると

朝早くから動き始める年配の方がよく買いに来てくださいます。急ぎではなさそうな方には「今日は寒いですね~」と声をかけると、ほとんどの方が笑顔で会話をしてくださり、ワッフルを渡す時に嬉しそうに受け取ってくださります。たったひと声でも大事なひと声だなといつも思っています。

いつも来てくれて決まって焼きりんごを注文する

小学生低学年くらいの女の子。ある日「いつもありがとう」と声をかけると「だっておいしいんだもん」と満面の笑顔で返してくれました。小さな女の子が毎日のように笑顔で焼きりんごを買いに来てくれるのをスタッフのみんなも待ち遠しく思っている様子。来てくれると並んでいるお客さまもほほえみながら見てくれたりしています。ひとつのワッフル、ひとりの小さな常連さんでお店全体が笑顔になっています。

サンフレッチェ制度を利用して

飲みに行く機会が何回かありました。最初は普段聞く機会があまりなかったみんなの仕事に対する率直な意見が飛び交ったかと思えば、プライベートな話で盛り上がる。僕にとってその光景はみんなの人柄を知る良い機会であり、とても微笑ましく映りました。真剣な話もできるし笑顔になれるのは人数が集まることで生まれる環境だと思うので、これはとても良い仕組みだなと感謝しています。
※3人集まれば、いつでも食事代が出る制度

事務所だと直接お客さま

と関わることは少ないのですが、一番初めに全店舗のお客さまハガキに目を通します。そこには各店舗に来てくださっている沢山のお褒めの言葉がいっぱい。そこでお客さまを感じることができるのです。面白いエピソードや絵があるときは笑わせてもらっています。店舗でお客さまに向き合っているスタッフのみんながいるからこそ、顔は見えないけど、ハガキを通じてお客さまの笑顔を想像したり、自分も笑顔になっているんだなと思う瞬間です。

いつも買いに来てくれる女の子。

必ず焼き場をのぞき込むので私やスタッフは微笑みかけたり、手を振るのですが、顔をプイっとそむけてしまいます。別の日に私がレジにいるとその女の子が買いに来てくれました。いつものように笑わないでいましたが、ワッフルを手にして立ち去る時にちらっと見えた横顔はなんと満面の笑み。とてもとてもとてもとっても嬉しくなりました。

ある店長から事務所に

「お客さまからギフト券が欲しいという電話があったんですが、作れますかね」と相談をもらいました。詳しく事情を聞くと、習い事の帰りにワッフルを買っている孫娘さんの演奏会のご褒美にぜひあげたいというおばあさまからのお願いでした。そんなおばあさまの想いを知り、店長と私は、すぐに作りましょう!となりました。ご要望になるべく添えるアイデアを出し合って、無事にお渡しすることができました。〝たったひとつのワッフルで笑顔をつくりだす〟というミッションがあったからこそ、迷わずやりましょう!と、実行にうつすことができましたし、おばあさまもすごく喜んでくださいました。孫娘さんも毎回楽しみに利用してくれているんだなぁと思うと、携わることができてとても嬉しかったです。

外国のお客さまで毎日チョコチップを2つ持ち帰る常連さん。

最初は言葉もあまり発さず物静かなイメージのお客さまだったのですが、毎回毎回スタッフが笑顔で丁寧に接客していると、気持ちが伝わったのか日を重ねるごとにどんどん笑顔になっていき、今では買わない日でも道ですれ違うと会釈してくれるようにまでなりました!国境を越えて愛されるミスターワッフルでありたいなと思いました。
また、道案内も多いのでお客さまではなくても分かりやすいように丁寧に教えるよう心掛けていたのですが「いってらっしゃーい!」と見送った後「さっきはおかげで無事にたどり着いたよ!ありがとう ^^)」と戻ってきてくれて、ワッフルもたくさん買ってくれて結果的にお客さまになっていただいたことがありました。こんなステキな出会いもあるんだなぁと色々な形でワッフルの輪が広がって、もっと多くの人に知ってもらえたら嬉しいなと感じました。

本人はまだ参加できないけれど、

お姉ちゃんの応援でワッフル教室に来てくれた弟くん。お姉ちゃんが焼いている時には窓をパタパタたたいたり、レジで接客している時にはお札をヒラヒラさせて、ずーっと満面の笑みで応援してくれていました ^^)

新入社員の○○さん、

入社して1ヶ月目の頃、道端に「パルフェの容器が捨てられている」このポイ捨てでミスターワッフルの評判が下がっちゃうのではないかとそのゴミを持ってゴミ箱へ捨てたあと、どうしましょうと連絡をくれました。これからお客さまへのお声かけとご案内の必要性を伝えていくと意気込んでいました。皆で一生懸命焼いて・包んで・接客をして、その一連のテマヒマ・真ゴコロを大事にしている想いが伝わってきて、とても嬉しい気持ちになりました。

今年もワッフルおみくじは大好評。

先日お母さんと小さな2人の兄弟がご来店。「おみくじどうぞ」と箱を差し出すと、お兄ちゃんが「引きたいな~」とニヤニヤしながらも弟を呼んで「引きなよ!」と譲ってあげていました。すると、なんと大吉を引き当てた弟くん。家族もスタッフも大喜び。でもいちばん嬉しそうだったのはお兄ちゃんでした。毎年自分も楽しみなワッフルおみくじ。今年は弟想いなお兄ちゃんのステキな笑顔を見れて、幸せな新年スタートになりました。

店頭に働きがいのある会社

の賞状を置いています。それを見てくださったお客さまから「いつ来ても接客がステキだし、ワッフルも美味しくて、何より中にいるスタッフがみんなキラキラしている。本当に良い会社なのね!」と。そんな言葉を直接言って頂けて、思わず泣きそうになってしまいました(笑)。何より嬉しかったのは、自分たちがコツコツやっていることが(ミスターワッフルスタンダードの徹底)、きちんとお客さまに届いているんだなということ。一人でも多くの人を笑顔にすることへつながるキッカケになっていて、これからも自分たちらしくお客さまに寄り添っていきたいなと思っています。

私は中学生や高校生に話しかけてみるのですが、

皆照れくさそうに「うん」とか「そうなんです」と会話してくれます。ちょっとシャイなところがある浜っ子さんたちですが、友達を連れてきてくれて、得意げに「この前アーモンド食べたけどちょーうまかったからコレ、オススメだよ!」ってレジの目の前で買ってくれている姿がとても微笑ましいのです。温かいのを渡すとすぐに「おいしい!」という笑顔の反応。こんなにも間近で見れることがいつも嬉しいです。

ミスターワッフルで初めてのお買いものをしようとしてる男の子。

横でお母さんと練習して「注文・お金を渡す・商品を受けとる」まで全部1人でできました。お母さんが「やるじゃーん」というと男の子の満足気な笑顔!スタッフも目線を合わせて、ゆっくり確認しながら、おつりも落とさないようにとしっかり気を配ってくれていました。すぐ後ろのお客さまも応援してくださっていて「よかったね~えらい!」と笑顔にあふれていました。そんな空間に居れて嬉しいし、何だか私まで誇らしい気分になってしまいました。

シニア世代のあるお客さま

が絵のサークル仲間によくワッフルをお土産に選んでくれていたみたいで、購入する度にいつもアンケートハガキを送ってくださり、余白の部分にはいつも和気あいあいとされているサークルの様子や好評だったワッフルの味が書かれていたり。そんなお客さまとの文通を続けていくうちに得意の風景画を添えて送っていただけるようにもなり、私自身もハガキが届くのが楽しみになっていました。ある日、ご本人が来店して「このハガキを送ってくれた人はいる?」と。「これを渡してほしい」とスタッフへ額縁に入った絵を預けていかれました。それはお客さまが描かれたコンクールへ入選された作品でした。思いやる接客、そしてハンドメイドワークスを大切に取り組む中でこんなに嬉しいことはありませんでした。

焼きたてのワッフルが並んでいる

番重の整理をしながら、いつも「うわ~美味しそう!食べたいなぁ」とつぶやいてるスタッフのU君。「さっき親子でいらっしゃった方がいて、お父さんがおみくじを引いたら大吉で『さっき神社では凶だったんだけどな』と喜ばれていました!」などお客さまのちょっとしたほっこりエピソードを教えてくれたりして、忙しい時に忘れがちなお客さまの反応や笑顔に気付かせてくれます。私もU君に負けじと笑顔ウォッチャーになろうと思っています!

矢部さん。

ヘルプで数回かぶったことはありましたがいつも冷静で仕事のことをまじめに話すことは5年間であまりありませんでした。初めて店舗で一緒になり、焼きマニュアルを見せてもらいながらワッフルについて熱く語ってくれ、お客さまに喜んでもらいたい!!という想いがすごく伝わりました。発酵の話はとくに盛り上がり、冷静な彼がとてもイキイキ笑顔で、ほっこりとしました。

冬の寒い日、

ふたり組の女性客が来店され、お仕事終わりだったらしく「お腹空いた~」「ワッフルあったかいね~」とおいしそうにほおばりながら歩いていかれました。2分と待たずにまた来店され「さっきと同じやつもらえますか?」と笑顔でご注文されました。聞こえてくるふたりの会話から、まだ働いている同僚へ差し入れる為のよう。仲間への小さな気遣いや優しさにワッフルを通して触れることができ、こちらも心があたたかくなりました。

周年の企画

で、お客さまへの感謝の気持ちをスタッフ皆に書いてもらい、それを常連のお客さまへお会計の時に手渡ししていました。「いつも来ていただいているので感謝のメッセージカードを受け取っていただきたいのですが… 」と言うと、まるでラブレターを渡して告白しているような雰囲気に(笑)。お客さまが嬉しそうに受け取るとスタッフも嬉しそうで… そんなお客さまとはそれ以来とっても仲良しです。

入社してから数年経過しました

が、自分が入社した当時から今までも来店してくださる親子のお客さまがいらっしゃいます。その子はずっと変わらず「焼きりんご」が大好きで、1度も他のワッフルを選んだことはありません。初めて会った時は、お母さんがオーダーし、恥ずかしそうにお召し上がりの焼きりんごを受け取っていましたが、今では「りんごください!」「このトレーの、このりんごがいい!」と審美眼が(笑)。そして家族も増えてお兄ちゃんになったその子は来年からは小学生だそうです。一緒に成長を見守ることができて嬉しい日々です。

以前お土産で持っていった友だちのお父さん

がわざわざワッフルを買いに来てくれました。「おじさんも職場の先輩もファンになっちゃってさ!おつかい頼まれっちゃったよ」と笑顔でたくさんのワッフルをご購入されました。たったひとつのワッフルから笑顔をつくりだして、こんな風にファンがひとり、またひとりと増えていることを実感できた瞬間でした。

ワッフルくんが〝カゼひかないでね〟

としゃべっている絵のお召しシールを男性に貼って差しあげたら「こんなに優しいことばを言われたのは久しぶりですよ!」ととても喜んでくださいました。たったひとつのワッフルでもたったひとつの言葉でも相手の心に響くようにみんなで日々模索中です。

以前からお散歩の途中に電車を見に来る保育園児たち

と何かできないかなと考えていて、やっと「はじめてのおつかい」企画が実現しました。緊張気味の2才ぐらいの園児たちが小銭をにぎりしめ、先生に抱っこされながら「ワッフル1つください!」と。きっと何回も練習してきたんだろうなぁと笑顔になりました。子供たちも買い物が終わると緊張がほぐれたのかいつもの元気な笑顔を見せてくれていました。もちろん先生方も!

店長になってあっという間に時間が過ぎていました。

お店をどうしたい?の問いが辛い時期もありました…考えても考えても出てこないんですもの…でもそんな私と一緒に悩んで考えてくださる大きな大きな頼もしい存在がいてくださいました。不安だった個店mtgもいつの間にか月1の楽しみになっていました!忙しい中でもいつもうんうんと聞いてくださって相談に乗ってくださる江幡さん、いつも明るく時には厳しく、ナイス~と褒めてくださる小林さん。この1年は本当におふたりに支えられました!私の笑顔のもとです!私も2人のキラキラの笑顔のもとになれたらなと感じる今日この頃。いつもありがとうございます ^^)

夕方4時ごろに3~4人で来る女子高生。

そのうち2人はいつもワッフル2個を一緒に買ってスタンプを1個ずつふたりで貯めている程の仲良し。帰り道のちょっとした楽しみにしてくれているんだろうなと感じていました。ある日新しい友達を連れてみんなで購入。少し離れたところで、いつもの2人が「ここでワッフルを合わせて〝カンパイ〟しているんだ!」と言うと「じゃぁカンパーイ!」と言って、みんなでおいしそうに食べている姿を見て、これからもたくさん〝ワッフルカンパイ〟をして笑顔になってほしいなと思いました!

遠まきにチラチラお店を見ながらも

一度通り過ぎたおじいさま。電話をかけながら戻ってこられました。お孫さんがワッフル好きで、食べてる姿を思い出して味を聞いていたそう。「すぐに買ってきてって言われちゃったよ~、自分のも買っちゃおうかな」と嬉しそうに教えてくださいました。きっとおいしそうに笑顔でワッフルを食べているお孫さんを思い出してくれたのかな~とひとりですごくホッコリとしました。今度はお孫さんとぜひいらしてくださいとお伝えしたら、なんと次の日に来てくださいました(笑)うれしい!

シェアLINEで「〇〇店舗のお客さまからのおハガキ

にとても嬉しいことが書いてあったよ」と共有してくださるとき、私も同じようにワッフルを通してお客さまの笑顔をつくりだしたいと思うと同時に、他店のみんなもこうやってたくさんのお客さまを笑顔にしているんだなぁと知ることができて、毎回とても温かくて幸せな気持ちになります ^^)

友達にお土産としてプレゼントしたら、

めちゃ美味しいと言われ「美味しいワッフルに囲まれて幸せだね♫」と言われました。甘いものに囲まれて仕事ができて幸せです。

新人さんに別室でレジや接客のトレーニングをしていたとき、

夢中になってしまって2時間以上続けてしまっていました。少し休憩をとることに。ちょっと長い時間詰め込みすぎたかなあ…と反省していたのですが、休憩が終わって戻ってみたら彼女はすでに帽子を被ってスタンバイ。「帽子被ったの?どうしたの?」と聞いてみたら「気合を入れようと思って!」と、とてもやる気に満ちた笑顔を見せてくれました。この子たちならお客さまにしっかり笑顔を届けられるなぁと泣きそうなぐらい嬉しい気持ちになりました。お客さまのために、笑顔になってもらうために、と日頃から頑張ってくれているスタッフの子たちの存在のおかげで、私は笑顔でいられるんだと思っています。

いつも土日の10時に買いに来てくれるおじいさま。

平日はワッフルは買わないけれど、いつもお店の外からニコニコ私たちスタッフに手を振ってくれます。「いつも頑張っていてえらいね」とほめてくださるので、私たちも一層頑張ろう!と思えます。おじいさまに負けない笑顔でこれからもご挨拶したいです。

お父さんと息子さんの2人連れでした。

男の子は「いつもお母さんは買ってくれないんだけど今日はお父さんが買ってくれるの!」と嬉しそうに話していました。「何味が好きなの?」と聞くと「僕はチョコチップ!お姉ちゃんもチョコチップが好きなんだ~。」とお姉ちゃんの分とチョコチップを2個と他数個を買って帰られました。家族みんなでワッフルを囲んで嬉しそうに食べているところを想像するとほっこりします。

早朝レジに立っていると、

どこからか聞こえてくる「ここのワッフル超おいしいんだよ~」「いい匂い~食べたい~」という学生さんの声。「部活かな?学校に行くのかな?朝は時間ないよね~。帰り道に買いに来てね!」と思いながら聞いています。朝からほっこりするし、眠気も吹き飛びます。

お母さんと一緒に小さな男の子がご来店 ^^)

男の子は「今すぐ食べた~い」と駄々をこねていたので「おうちで温めて食べてね」と言うと「温めなくてもおいしいんだよ」と逆に教えてくれて、手を振りながら笑顔で帰っていきました。そんな様子を見ていたお母さんとみんなで笑顔になりました。

新しく入ったスタッフ

が「同じ大学の友だちがミスターワッフルでアルバイトしたい!って言ってるんです」と紹介してくれたとき、その子にとって働きやすくて、友だちにも薦めることができるアルバイト先なんだと思ってくれたことが嬉しかったです。これからもみんなが一緒に働きやすい環境を作っていきたいなと思いました。

洗い物をしていたときレジスタッフとお客さまの会話

が聞こえてきました。親しそうだったので「お友達?」と聞くと「いいえ、常連さんなんです」と。「昨日通ったときは私がいなかったから帰っちゃったけど、今日は姿が見えたからと駆け寄ってくださったんです!私ここで働いていて本当によかったと改めて感じてます!」と今年で卒業の頼れるアルバイトリーダー。一緒にいられる時間は少ないけれど、そのキラキラ笑顔で残りも働いてもらえたらと思っています。私も頑張ろう!

仕事終わりに電車に乗ると

ワッフルをお買い上げのお客さまと遭遇。少しだけ聞き耳を立てていると「朝ごはん用に買ったけど美味しそうな匂いがするよね~。家に帰ったら1コだけ先に食べちゃお♡」と楽しげに話してるご様子で、こっちまで嬉しくなっちゃいました。

冬の寒い日。

閉店作業でシャッターを閉めていると、お父さんと小学生くらいの息子さんから声をかけられました。お父さん「スミマセン… さっきイートインでワッフル食べたんですけど… 」私「はい」お父さん「あっ!クレームとかではないんです!!息子の歯がその時に抜けたようで… ワッフルのつつみ紙と捨てちゃったって言ってるので、探したいのですが… 」とのお話。少しお待ちいただいて、残っていたスタッフと探しました。つつみ紙を1枚1枚広げていくと「あった!!」とスタッフの声。
「やったー!!」お客さまとみんなでバンザイ(笑)。無事お客さまの元へ〝歯〟をお渡しできました。その時のみんなの笑顔が忘れられません。

塾や習い事の前にワッフルを買って

おいしそうに食べながら少しお話をしてくれるある小学生。毎週水曜日の午後電車に乗る前にはワッフルは買いませんが30分ぐらいお話ししていきます。ワッフルを購入してもしなくてもこうやってお店に寄って話をしてくれることが何より幸せです。

お客さまがバースデーハガキを持ってきてくれました。

いつものように日付をチェックし、最後に「こちら回収してしまって大丈夫ですか?」と聞いたら、少し照れたような顔で「かわいいイラストでとても嬉しかったから、持って帰りたい」と。つられて思わず「どうぞ!!印だけつけます!」と。そのハガキをよく見たら、まさかの自分が描いたおハガキ。絵が得意ではなかったから、そんな自分が描いたものを欲しいなんて言ってくれて、すごく嬉しかったし、もっと上手くなりたいと思えたエピソードなんです。

夏のとても暑い日におばあさまがご来店。

ワッフルをお渡しして「お暑いので気をつけて帰ってくださいね」と言うと「ここのワッフルが食べたくて途中下車したのよ~!おいしいからね!ありがとう!」と笑顔で帰っていかれました!その笑顔とわざわざ途中下車してくれたことに嬉しくなり、私まで笑顔になりました ^^)

高校生のスタッフちゃん。

前回教わったことをしっかり覚えて来てくれたので「覚えて来てくれたんだ。最近さらに頑張っているよね♪」と言うと、「頑張ったら認めてもらえることがすごく嬉しいんです☆」と言ってくれました。お仕事を覚えなくてはいけないではなく、自ら覚えたい、できるようになりたいとスタッフに思ってもらえるような環境を作りたいなと彼女の笑顔を見て思いました。

いつもスタッフの成長のためを考えてくださる店長。

嬉しかったことを話すと一緒に喜んでくださったり、不安なことを話すと「その不安を一つずつ潰していこう!」と一緒に考えてくださったり!そんな店長のもと少しずつ成長していけることがとても嬉しくて笑顔になります(^^) 私だけでなくアルバイトの子たちも笑顔に(^^) 店長の愛がみんなに伝わって一同笑顔で働くことができているのだと思います♥︎

男女ペアがご来店。

女の子が率先して注文している横で男の子が少しイライラ。これは来店前に絶対何かあったな…と思いながらもワッフルをご用意。渡すときに「また〝お二人〟でワッフル食べに来てくださいね!」と伝えると、男の子が急に嬉しそうに「ありがとうございます!また二人で来ます!!」と笑顔で答えてくれました。帰り際に男の子が「さっきはごめんね」と話しているのが聞こえ、仲直りのお手伝いができましたー♪

8周年企画中に8年ぶりにご来店されたお客さま

が「まだいらしたんですね~」と自分を覚えていてくださいました。あなたには元気をもらえるのよとおっしゃっていただき、とても嬉しかったです。そして、作り話のようですが、次にお並びのお客さまも8年ぶりのご来店!当時は高校生だった女の子がご結婚されてご家族と一緒にいらっしゃいました。そのお客さまを覚えていたので「お気に入りはチョコチップでしたね」と言うと「え゛~覚えててくれたんだ~」と笑顔でチョコチップをお召し上がり。次はベビーと一緒かな(^^♪

今年1年間は「わたし自身が笑顔でいる」

ということを意識していました。恥ずかしながら…『絶対笑顔大賞の金』をもらいたい!という気持ちがずっとあって!キラキラ笑顔の先輩方に勝ってみたい!とメラメラしてました(笑) 去年までは笑わなきゃ~笑わなきゃ~と逆にプレッシャーに感じていたりもしましたが、今は「いつも笑ってますよね。一緒に仕事してて楽しくなります!」と言ってもらえたり「良い事あったんですか?笑ってますけど…」と声をかけられたり。自然に笑顔になれるようになったのかぁと思えたひとコマです(^^)

「おじいちゃん来たぞ~!?」

と本当の祖父のようにいつも声をかけてくださる常連の方。必ずお店の中を見渡して私がいるかを確認してくれます。私がいない時も「今日おじいちゃん来てましたよ」とみんなが報告してくれます。焼いているときには窓から覗いて手を振ってくださったり。なのでみんなもつい笑顔になってしまいます!ワッフルを食べて長生きしてくれると嬉しいなぁ…♥︎

お店の前の通路で子どもの泣き叫ぶ声が聞こえてきました。

5歳くらいの男の子が「ワッブルーーワッブルだべだいーーワッブルーー!」と叫んでいて、お母さんに「今日はないの!」と引きずられて。泣いて駄々をこねる程美味しいと思ってくれている。この次あの子がワッフルを食べれた時の嬉しそうな笑顔を想像してしまいました。

お客さまだと思い「いらっしゃいませ!」と声を掛けたら、

お店前を清掃してくれていた清掃員のおばさまでした。いきなり声を掛けられて驚いていたものの「お客さんじゃなくてゴメンね~」と笑顔で「バースデーカード持ってるんだ♥︎ 後でもらいに来なきゃ!」と。すごく嬉しくなりました!それからそのおばさまとは仲良しに。

いつもショーケースの焼きりんごワッフルをジーッと吟味して選ぶ

4歳くらいの男の子がいます。お母さん曰く、選ぶポイントは「焼き色が程よくて、りんごがたくさんのっているもの」だそうで、この子ちっちゃいのによくわかってる!とその一生懸命選ぶ微笑ましい姿に温かくなります!

離れて住んでいる母親から「あなたの会社から本が届いた」

と電話がありました。本とはミスターワッフル スタイルブックのことで、中身の説明や近況などを話していたら母が嬉しそうに〝いいところに出合えて良かったね〟と言ってくれました。電話越しのその言葉に僕も思わず微笑んでしまいました。

休みの日に館内でショッピングしていると、

後ろで「○○ちゃん、みすたーわっふるいく?わっふる食べる?」「うん!いくー!」という会話が聞こえて、その子がダッシュで走っていったのを見て、幸せな気持ちになりました。いつもお店に立っている私たちは、ご来店の前の会話が常にわかるわけではない。おうちで食べて笑顔になっていただいている時の気持ちもちゃんと想像したり、お店ではお客さまと会話したり、そういうことをスタッフと共有しながらもっと笑顔をつくりだしたり大事にしたりすることを守っていこうと思った瞬間でした。

お客さまから『仕事で疲れていましたが、接客で元気が出ました』

とメッセージをもらい、そのことをスタッフ本人に伝えると飛び跳ねて喜んでくれました。それ以降、彼女の仕事に対する姿勢がみるみるよくなり、お客さま1客1客へ向き合い〝何を求めているのか〟をキャッチして臨機応変に応対したり、掃除もテキパキ優先順位を決めて取り組んだり…「最近いい感じだね!」と声をかけると「お客さまから頂いたメールがめちゃくちゃ嬉しくて、すべての仕事にやりがいを感じるようになりました!!」と満面の笑みで言ってくれました。今ではお手本になり「センパイみたいになりたい!!」「同じ年だけど、いい刺激になってやる気が出た」と周りのスタッフのやる気スイッチを押してくれています。

出来なかったことが少しずつできるようになるスタッフたち

の一生懸命な姿が本当に嬉しくて、まるで自分の子供の成長のようで日々わくわくさせられます。そんなみんながおハガキを通して褒められることがとても幸せです。少し前までは自分の名指しのおハガキを見て喜んでいましたが、最近はそれよりもスタッフの子たちが日々成長していく様子をお客さまに感じていただけてお褒めのお言葉を頂けることが本当に嬉しいですし、とても幸せです。いつもありがとう。

店長になるとあれもこれもやらなくちゃ

と今まで以上にやることが増えて、自分に余裕がなくなってしまうこともありました。ただその中でも自分が困った時にそっと手を差し伸べてくれる上司やオープンしてバタバタだろうと名称シールを大量に送ってくれる仲間。本当に感謝しています。たくさんの方たちに支えられていると実感しました。こうやって仲間を思いやる気持ちが強いからこそお客さまにもスタッフにもたくさんの笑顔をつくりだすことができるのだと強く感じました。

帰省の時期 「年末年始入れなくてすみません」

と申し訳なさそうにしながら、ワッフルをお土産にと並んで買ってくれるアルバイトの子たち。何セットも箱で買ってくれた中の二つ入りの紙袋。「それはお友達用?」と聞くと「これは新幹線で食べる自分用です♪」だって。また別の子も「たくさん買ったね!ありがとう!持つの大変じゃない?」というと「だって美味しいから皆に食べさせたいんですよ!」と、キラキラの笑顔で応えてくれました。

塾か習い事の帰りに寄ってくれている小さな二人の姉弟。

その日はワッフルを2つ買って帰る様子だったのですが、お金が1つ分しかなかったみたいで。するとおねえちゃんが私は昨日も食べたから今日は「〇〇のすきなワッフルにしようね」と言うと、笑顔のおとうとを見ておねえちゃんも優しく笑っていました。

ある警備員さん。最初はちょっと怒ったりして怖い人なのかなぁ

と思っていましたが、ある日警備員さん同士で何味が好き?おれはアールグレイが好きなんだよーという会話が聞こえてきました。強面なのに甘いモノが好きなんだなぁと思っていると後日閉店間際に走ってきて「まだやってるー?」とご来店くださいました。ダッシュしてくれたようです。「大丈夫ですよー!」と言うと「良かった!間に合ってー」とクシャっとした可愛い笑顔が見れました。

いつも夜に〝ベルギーチョコソフトのコーンのLサイズ〟

を購入してくださる60代くらいの男性のお客さまがいらっしゃいます。ある日ポイントが貯まってソフトではなく「パルフェ」を注文されました。パルフェにもソフトがつくので「アイスのサイズは…」と聞くと少し間があったので、お客さまとスタッフとが同時に『Lサイズ~~!』とハモッっちゃいました!お客さまとみんなで大笑い。良い関係の積み重ねを感じました。

ワッフル教室に来てくれていた兄妹。

その妹ちゃんはまだ小さいので参加はできないんだけど「お兄ちゃんがやっている所を見たい!」と。スタッフに抱きかかえられてお兄ちゃんのレジを見たとたんキラキラした笑顔で「お兄ちゃんカッコいい!!」と。お兄ちゃんは恥ずかしいけどニヤニヤとして、とっても嬉しそうでした!

外国人のお客さまファミリーにカタコトな英語で接客。

「Thank you for coming(^^)」というシールを貼ったらとても大喜び!!食べ終わってもお店の前で何かコソコソしている様子。女の子がレシートの裏に〝Thank you! I love waffle♥︎〟と書いて渡しに来てくれました。言葉は通じなくても、ワッフルを通して笑顔になった瞬間です(^^)

「オススメを箱に入るだけちょうだい」

とお仕事帰りに立ち寄ってくださったお父さん。「どなたが召し上がります?」「アレルギーは?」と聞いていると…「いやあ、この前奥さんに頼まれてワッフル買ってったんだけどさぁ、違うお店のワッフルだったみたいで、コレじゃない~  」って怒られちゃったんだよね (^^;)」と。「それでしたらとびっきり美味しいモノ選んどきますね♪」と会話が弾みました。「ありがとう!これで奥さんの機嫌も直るわ。皆で食べるよ!」と帰られていきました。「喜んでもらえるといいね~」と笑顔になれたひとコマでした(^^)

『接客の中でのプラスひと言』

をみんなで意識して取り組んでくれています。学校帰りのJKに「学校帰りですか?お疲れさまです(^^)」+「甘いワッフル食べて脳を働かせて勉強がんばってくださいね♥︎」とひと言。大学生らしき若い男の子に「いつもありがとうございます(^^)」+「甘いモノお好きなんですか?食べるとしあわせな気分になりますよね~♥︎」とひと言。ちょっとコワモテなおじさまには「いつもありがとうございます(^^)」+「メガネステキですね!とてもオシャレでお似合いです♥︎」と。聞こえてきて思わず、ふふふっと微笑んでしまいます。お客さまの方を見ると、照れながらも嬉しそうに笑っているお姿。ほっこりする日常のひとコマです。

他のお店にもよく行っているよ

と言ってくださるお客さまが沢山いらっしゃいます。ある日「これ他のお店からもらったものなんだけど、使えるかしら?」とバースデーハガキを持ってきてくださったので「はい!もちろんです。いつもありがとうございます」とお応えすると「こちらこそ!いつもありがとう」との笑顔に心がとても温かくなりました。どの店舗でも、みんながちゃんとしたものをちゃんとした接客で届けているおかげで私はこの笑顔を見ることが出来たんだなぁと思いました。みんなに感謝♪

お店前でお召し上がりの親子にゴミをもらいに行くと、

お母さんが「この子あんまりご飯食べてくれないんですけど、ここのワッフルは1個ペロッと食べちゃうんです」と話してくださいました。ご自宅でもご家族で分け合って食べていただいてるようで日常に寄りそったシーンを身近に感じることができました。小さな手で一生懸命食べた後の「ごちそうさまでした」がすごく胸に響きました。

休憩室で仕事をしようと行ったら、

それぞれ違う店舗のスタッフさんたちが仲良く会話していました。手元に見覚えのある箱があり、ワッフルを囲んで談笑していました。心の中で「ありがとうございます」とこっそり笑顔になりました。

〝サンクスコイン〟でありがとうを伝える風土。

「○○さんにホメてもらえた」「見られている意識がある」とモチベーションにつながり高い意識を持って現場へ入る。「コインありがとうございます!」が飛び交う。こうやってスタッフひとりひとりが笑顔でいられるからこそ、お客さまへ〝美味しいワッフル〟〝思いやる接客〟〝ハンドメイド〟が届けられるんだな~。みんなのコインをみていると、こちらも元気がもらえるし、ホッコリします♨

「いつもありがとうございます(^^)」と伝えると

「私が食べるんじゃないんだけどね、買って帰ると娘が喜ぶから前を通るとつい買っちゃうのよ(^^)」と話してくれました。ワッフルを通して大切な人の笑顔を思い出してお買い上げいただいているんだと改めて実感して心が温かくなりました。

「店長!聞いてくださいよ~!」

と明るい声でいつも話しかけてくれるスタッフ。私と近い距離でオープンからこうやって変わらずについてきてくれている何気ない日常だが、なりたてのあの頃は大変だったなぁと思う。こうやってしっかり5つのスタンダードや、私が大事にしている笑顔を受け継いで守ってくれているスタッフに感謝。〝バイトに来るのが楽しい〟と思ってもらえるようなお店づくりを頑張ってきたからこそ〝笑顔が生まれる場所〟にできているのかなぁと実感しました。

お客さま目線の絶対品質。

「これは焼きすぎですか?焦げた感じで苦いですか?」「このワッフルだとお客さまがっかりしちゃいますよね」と言ったお客さま目線での品質に対する会話がよく聞こえてきます。お客さまに笑顔になってもらうために必要な〝気持ちの部分〟が伝わり始めていると思うと嬉しくなりました。売りスタッフもお客さまに寄り添った接客をしていて、おハガキから多くのお褒めの言葉が寄せられているのを目にしたとき、これがミスターワッフルの良い所なんだよなぁと感じることができました。

寒い冬のお召しワッフルの温め。

他店舗にヘルプで行ったスタッフの「温め秒数って店舗によって違うんですか?」のひと言がきっかけで自店の温め方をもう一度検証したところ「中まで温かくなっていなかった」ことを知りました。そこで皆で温め方を見直し。ワッフルを受け取ったお客さまが「あたたかーい」と言ってくれる回数が増えました。バイトの子たちのこういったひと言をきっかけにお客さまにちゃんとしたものを届けられることができています。

あるスタッフが突然「ご飯に行きましょー!」

と連絡をくれました。何か悩んでいるのかな?とは思っていましたが食べながら話を聞くと、向き合わなきゃいけない課題が多いことに悩んでいました。それってとても素晴らしいことだと僕は思います。だって、そう感じるってことは、きちんと向き合おうとしているから。自分とも仕事ともきちんと向き合っているからこそ出てくる悩みなので、素直に嬉しくて笑顔になりました。偉そうなことは言えませんが自分自身ときちんと向き合うことのできる人は必ず成長できます。みんなの1年後、2年後、3年後がとても楽しみです♪

「あなた、すごく良い笑顔ねぇ!」

「素敵な笑顔ですよね♪」「すごい嬉しそうな顔して売るねーw」とお客さまからかけていただく言葉。やっぱりそれを聞くと本当に嬉しい!&その言葉があるからこんなにも楽しくお客さまと接することができる!と胸を張って言える源です。お客さまの笑顔ももちろんですが、それ以上にスタッフの笑顔づくり=お客さまへていねいに接客できていく=リラックス=笑顔(^^ というサイクルを大事にしてきました。私は縁の下の力持ちタイプではなく、実は地道なことは今でも苦手です。でも今ちょっとだけ実感していることが一つ。自分はこういう状態にするために、いままでコツコツと笑顔投資をしてきたんじゃないのかな、と。だから、この未来への笑顔投資(貯金) をしていけばいくほど、この笑顔のサイクルは止まることなく回り続けていくんだ!と最近本当にニヤニヤしています。

あるスタッフから写メが届きました。

地方の実家に帰ったら、コルクボードにHow to eat が貼ってあったとのことでした。親御さんが東京に来た際にワッフルを買って帰り、そこに貼ったようです。そのスタッフから「実家に帰って温かい気持ちになりました」とあり、家族でワッフルの会話などで笑顔になっていただろうなと考えるとこちらもほっこりとしました。

50 代くらいの小粋な男性のお客さまに

お正月恒例のワッフルおみくじの箱を差し出したときに「俺はいいから後ろのこの子に引かせてあげてよ」と言ってくださり、後ろに並んでいた小学生くらいの女の子が引くと〝大吉〟が出て 「よかったねー♪すごいねー♪ありがとうー♪」 と私たちスタッフと男性のお客さまと女の子のお母さま、さらにその後ろに並んでいた別のお客さままでもが笑顔になり喜びました。とても温かい気持ちになる場面でした。

まんまるなワッフルが焼けた。

いい接客ができた。SNS で自分が描いたシールやポイントカードを載せて喜んでくれているお客さまがいました。とたくさんのスタッフの笑顔。ミスターワッフルで働いてくれているスタッフは、ただお金を稼ぐために働いているのではなく、仕事を楽しみ、お客さまに喜んでもらいたいという気持ちをみんなが持ってくれています。そんなやりがいを持って働いてくれている子たちは目がキラキラとして素敵な笑顔をしています。新しいスタッフの面接のときに志望動機を訊くと「お客さまとして並んでいたときに中で働いているスタッフさんが笑顔で楽しそうにお仕事をしていて、私も働きたいと思いました」と言ってくれました。今のスタッフの笑顔からまた新しいスタッフが仲間となり、笑顔の輪が広がっているのがとてもうれしく思いました。

文化祭で販売したい

と、ある高校から大量の予約が入りました。早朝から600 個の包装でとても大変な準備になりましたが、文化祭を終えた高校生たちがお店に寄ってくれ、手紙を届けてくれました。「ひとつのワッフルでお客さまを笑顔にするという仕事の大変さと難しさを知りました。でも、達成感を感じることもできて、社会に出るための大切な勉強になりました」と書かれており、胸がジーンとなりました。あの子たちの文化祭での一生懸命な姿がどんどんその後輩たちに引き継がれて、ワッフルの輪が広がっていったのかと考えると、とても嬉しく思い笑顔になりました。いつかこのワッフル販売をきっかけにして、うちで働いてくれるスタッフさんが出てくれば嬉しいなぁ~。

耳の不自由なお客さま

がご来店されたとき、焼きのスタッフさんが、まだ売りのお仕事を覚えていないにも拘らず、誰に言われるでもなくサッと横から手話でフォローして「アールグレイがおいしいです。私のおすすめです♪」と楽しくお客さまと手で会話をしていました。お客さまもとても安心されて嬉しそうなお顔でワッフルを受け取っておられました。売り焼きにこだわらず、思いやる気持ちがその場の皆の心を和ませた瞬間でした。

手描きの〝Thank you シール〟

を全部取っておいて手帳に貼ってくださっているお客さまがたくさんいらっしゃいます。そして、他のお客さまのお召し上がりのワッフルに〝いつもありがとうございますシール〟を貼ったときのこと。食べ終わったゴミを受け取ったときに、そのシールも戻ってきたのですが、よく見ると「こちらこそいつも美味しいワッフルをありがとう」と余白に返信が書いてありました。お客さまもスタッフもみんなで笑顔になりました。

秋、高尾山に登り、

山頂で休憩をしていたときに、若い男女3 ~ 4 人のグループが座って何かを食べていました。とても楽しそうに食べているので、気になってよくよく見てみると、なんとミスターワッフルの箱を持っていました。高尾山のハイキングのおやつにも、わざわざミスターワッフルを選んでくださったことがとてもうれしく、こちらも笑顔になりました。

「春のワッフル祭り」

のイベントでのこと。とてもご好評いただき、かなり混雑していました。そんな中でも〝笑顔を忘れない〟〝ハンドメイドワークスを大切にする〟〝絶対品質〟をみんなで心がけていました。数か月後、年配のご夫婦が「とても美味しかったから2人でハマっちゃって。今日は東口にしか用事がなかったのに、食べたくてここまで来ちゃったの」と笑顔でご来店くださいました。「また来るね♪」とポイントカードも作ってくださり(私たちのクレドの) ちゃんとしたものをちゃんとした接客で届ければ、必ず戻ってきてくださるってこういうことなんだな、と改めて実感した出来事でした。

常に笑顔で素敵な接客

をしてくれている木下さん。ある日、お並びいただいてワッフルをご購入くださったお客さまがもう一度列に並び直して再びレジへ。「あなたのさっきの接客に感動したからまた並び直しました。よかったら御礼にお姉さんにお好きなワッフルをご馳走させてください」とのこと。お気持ちだけ頂戴しますと遠慮していたのですが、お客さまの想いも強く、お言葉に甘えてチョコチップをひとつプレゼントしてもらっていました。今でもその時のお客さまの笑顔を思い出します。どんなに忙しくても一人一人のお客さまに向き合い接客する姿勢と、またすぐにでも買いに来たくなるような接客を私もできるようになりたいなぁ、と強く思いました。

クレームのお客さまのお話

を親身になって聞き続ける店長。かなりお怒りだったのでハラハラしながらお店から見守っていましたが、数十分後なんとかご納得いただけたとのこと。そして後日、そのお客さまがご夫婦でご来店。ちょうどレジの後ろにいた店長にお気づきになり「この間はどうも!」と笑顔で会釈。またご来店くださったことに、みんな笑顔になりました!

開店前にお店の前をウロウロしているおじいさま。

お声をかけてみると、道に迷っていらっしゃいました。ご案内したら喜んでくださり、ついでにオススメのスイーツ店はないかと聞かれました。正直に私の一番のオススメをお教えすると「親身になってくれて色々とありがとう♪」と笑顔で、ワッフルを30 個購入してくださいました。もちろん、私の一番のオススメはMR.waffleです♪

日々のお仕事の中でも特に好きな時間

が「お客さまへの返信ハガキ」を書くこと。文字や絵を通して接客中には話せないことを伝えることができたり、お客さまのことを深く知ることができるから。一度きりのやり取りの方もいらっしゃいますが、毎月書いてくれるお客さまもたくさんいらっしゃいます。「ハガキお持ちいただきありがとうございます!」「このお葉書可愛くってとっても嬉しかったわぁ♪」「絵が得意な子や保育士を目指しているスタッフたちみんなで楽しく描いているんですよ」「とってもステキなハガキだから、持って帰ってもいいかしら♪」etc… 店頭でも会話が広がり、お互いに笑顔になれる瞬間なんです。

ある日、少し興奮気味でおじさまがご来店

され「娘の子供が生まれたんだ!一番最初に何を食べたい?って聞いたら、ここのワッフルが食べたいって言われたから、すぐに買いに来たんだよ♪」と話してくれました。そのお客さまと話し合って、おうちで好きな味を選んでもらえるようにと全種類1 個ずつに決まりました。喜んでいただけてこれでひと安心と本当に嬉しかったのですが、そこにいたスタッフが〝Happy Birthday シール〟お貼りしたらどうでしょう?と提案してくれて、お貼りしたのです。その時のお客さまのありがとうの言葉と素敵な笑顔は今でも忘れられません。

毎週水曜日の仕事帰りにご来店されるおじいさま。

〇〇さん。なぜか私を水曜担当と思っているらしくw 「先週はいなかったね」等お声をかけてくださいます。毎回シナモンと期間限定ワッフルを購入され、必ずハガキを書いてくださいます。今では文通感覚でご来店時の会話もとっても弾んでいます。

本部で働いている身として

は、お客さまに笑顔になっていただくために〝社員・アルバイトも含めた店舗スタッフの笑顔をつくりだしていきたい〟と思っています。「少しでも楽になった」「楽しくなった」「モチベーションが上がった」など、みんなの笑顔をつくりだしていけるようにしていきたいです。

今年のクリスマス、

家族と過ごすことはできなかったのですが、ちょっと早めのサンタクロースが家に来ました。妻が以前(数か月前) にチラッと漏らしていた欲しいものを覚えていたので、サプライズでプレゼント。お財布は空になりましたが、代わりに最高の笑顔を見ることができました。

スタッフの成長を見るのが本当に嬉しい。

ピヨピヨちゃんだったスタッフが先輩となり「私も入ったときは全然できなかったよ」と教えてあげているのを見たり〝あ、間違えてるとこある。後で教えよう〟と思っていたら、私より先に気づいたスタッフがすでに教えてあげていたり。どんどんと頼もしくなるスタッフを見るたびに子供の成長を嬉しく思うような親の気持ちになります♪

ちょっとした接客の合間に

お客さまに話しかけているスタッフの子たち。
「焼きりんごがお好きですか?」「そのお財布、かわいいですね♪」「今日は風が強いですね♪」 冬になって忙しくなっても、その声はたびたび聞こえてきます。そして、レジを見ると嬉しそうなお客さまの笑顔。日常のことですが、MR.waffleらしい私たちの大切なひとコマです。